スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

三角西港と三角東港

 サボリにサボって気づけば9月22日!
「ふらっと」秋号の取材やら何やらで忙しくてm(_ _)m
 ということで、「ふらっと」秋号の特集取材で
訪れた三角西港と三角東港について。
熊本県の宇土半島の突端にある二つの港は
それぞれに時代の流れに翻弄されつつ、
建築美と浪漫を感じさせる場所だ。
(もっとも観光的な魅力要素では三角西港が上だが…)

 三角西港は明治20年、「三角港」として国と県が
巨費を投じて築港した。明治の三大築港と呼ばれ、
オランダ人技師ムルドルによる技術の粋が今や
世界遺産暫定リストに組み込まれるほど。
開港当時はヨーロッパ風の石積み埠頭に倉庫や
コロニアル様式の西洋館が建ち、当時の最先端タウンだった。

浦島屋

 中でも白亜の西洋風ホテル「浦島屋」は
ひときわ目立った存在だったらしい。
小泉八雲も長崎旅行の帰りに投宿し、
美しい女将と細やかなもてなしに感激したとか。
紀行文でも浦島屋を絶賛している。
ボランティアガイドさんは小泉八雲が非常に気難しく、
どちらかというと扱いにくい性格だったとか。
そんな彼が大絶賛したのだから、きっと
洗練されたサービスが行き届いていたのだろう。

浦島屋内観

 しかし、巨費を投じて築港したにも関わらず、
港湾としての役目を果たしたのは20年ほど。
浦島屋は明治38年に解体され、大連に移築された。
現在あるのはわずかな写真を頼りに復元されたもの。
内部の一部は資料館にしているため、
ホテルだった当時の様子は分からない。
ボランティアガイドさんによると、恐らく建物の
規模ももっと大きかったはずだとか。
因みに、この浦島屋の国道を隔てた裏にも
古い旅館が残っている。こちらは和風。

ムルドルハウス

 八角形の張り出し部屋が目を引くこの建物は
「ムルドルハウス」と呼ばれる物産館。
これも復元ではあるが、オランダ人技師ムルドルの名を
冠して佇まいもレトロな西洋館風だ。
三角の特産品を扱っている。天草の海産物もあり。

和蘭館デッキ

 その向いの建物は築港当時から残る荷役倉庫を
レストランに改装した「和蘭館」。
海に面したデッキ席は観光客にも人気だ。
すぐ目の前の青い海の美しさ、緑の対岸、
そして、なんとスナメリの姿も見ることができるのだ。

和蘭館ケーキ

 ケーキセット(950円)がこれまたおしゃれ!
コーヒー豆は東京虎の門のコクテール堂と神戸の
萩原珈琲のみ、カップはロイヤルコペンハーゲンというこだわり。
ロケーションも含めて言うことなしだ!

海技士学校

 さて、こちらは旧宇土郡役所。現在は
海技士講習が行われる九州海技学院になっている。
実は、NHKの「坂の上の雲」のロケにも使われ、
菅野美穂演じる正岡子規の妹が通う学校という設定だったとか。
他にも石積み埠頭が明治初期の横浜港として描かれたそうだ。
明治の港であることに違いはなく、西洋風の石積み埠頭と排水路が
百年以上残されている稀有な存在。
そして周囲の美しい風景もロケ地としての要素は高い。

三角駅

 三角西港がわずか20年で幕を閉じたのは
地理的に不便であることと、三角の東に新たな港、
三角東港が開港し、鉄道もそちらに敷かれたためだ。
そのため旧三角港は便宜上「三角西港」と呼ばれるように。
写真は三角線のJR三角駅。明治32年にでき、やはりレトロな
趣がある。何でも観光列車「A列車で行こう」の運行に伴い、
リニューアルされたらしい。以前の駅舎は外観が白かった。
個人的には以前の駅舎が良かったと思うけど…。

三角フェリーターミナル

 そしてこれが80年代終わりから熊本県で
始まった「くまもとアートポリス」による一連の
建築物の一つ、三角フェリーターミナル。
別名「海のピラミッド」だ。
三角駅の真向かいにあり、貝殻のような外観が
印象的な建物として話題になったことも。
10年以上前、取材で行った当時は館内に
物産販売所があり、フェリー客に土産を売っていた。
ただし、その構造上、あまり使いやすいとは言えなかったような…。
確かに先鋭的だったけどね。
 今は三角島原フェリーが廃止になり、閉館状態に。
建築学や建築美術という側面では評価が高いらしいが、
無人の建物というのは寂しい。
返り咲いた三角西港とさびれた三角東港。
二つの港は常に対極にあるような気がしてきた。
スポンサーサイト
2012-09-22(Sat)
 

桜島を望む二つの道の駅

 暑い毎日が続いてうんざり…。そんな時は
いっそのこと熱い国鹿児島へ行こう!
 という訳で、鹿児島と言えば桜島、桜島を
望む二つの道の駅をご紹介しよう。
 まずはその名もずばり「道の駅桜島」。
鹿児島港から桜島行フェリーで約15分、
フェリー乗り場からすぐの道の駅だ。

桜島外観

 物産館の名前も「火の島めぐみ館」とアツい。
館内はもちろん、桜島の物産がずらり。
有名な桜島大根の漬物、火山灰壌土で育った
野菜や桜島溶岩で作った焼き肉プレート、焼物もある。
噴煙たなびく桜島もきっちり実りを与えているのだ。

桜島内観

 桜島の冬の産物は小みかん。桜島大根とは
対照的なミニ果実だ。もちろん夏場は販売していないが、
小みかんを使ったジャムなどもあり、
観光客に人気なのが小みかんソフトクリーム(250円)。
まずはお一ついかが?

道の駅桜島
鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
☎099-245-2011

小みかんソフト

 そしてこちらは大隅半島の付け根に位置する
「道の駅たるみず」。「道の駅桜島」から
車で約20分ほどで行ける。
錦江湾に面して建ち、目の前に青い海と
桜島の雄姿が望めるロケーションだ。
そして自慢は道の駅としては最長の「足湯」。
観光客たちが気軽に足湯で休憩できる。
実は温泉館も併設しているので、こちらも
利用価値あり!湯船から眺める景色も格別だ。

たるみず足湯

 足湯デッキの先、さらに海に寄ったデッキサイドには
夏場はこうして子供用のビニールプールを設置。
暑さにうだったちびっこも大はしゃぎだ。

たるみずデッキ

 そして物産館の奥にはレストラン「ふもと」。
ここからも錦江湾と桜島が展望できる。
同地は日本有数のブリ養殖地でもあり、
当然メニューにはブランド魚「ぶり大将」を使った
品々が並ぶ。また同じくブランド魚のカンパチ
「海の桜勘(おうかん)」や地元ブランド豚
「美湯豚(びゆうとん)」のとんかつなどなど。

たるみずレストラン

 昨年の「ふらっと」秋号では海鮮丼(1000円)を紹介したが、
若干内容が変わったようだ。現在は鮭刺身は使用せず、
ご当地魚のブリ、カンパチ、きびなごなどにこだわった
盛り付けになっているとか。
酢飯を用いることで海鮮が最後まで美味しく食べられる。
実に芸の細かい一品だ。

道の駅たるみず
鹿児島県垂水市牛根麓1038-1
☎0994-34-2237

海鮮丼
2012-08-05(Sun)
 

鹿児島はやっぱり「黒」だ!

 タイトルに「黒」と書きながら
のっけからブルートレインである。
肥薩おれんじ鉄道阿久根駅前に懐かしの
夜行寝台列車「なは」の車両が!
これ実は全国でも5か所しかない
列車ホテルの一つ。つまり、宿泊できるのだ。
地元NPO法人あくねツーリングステーションが
運営している。ライダーハウスとして人気とか。

ブルトレ

 中はカップル用の2ベッド、ファミリー用の
2段ベッド2組部屋の2タイプ。
写真はカップル用「デュオ」車両内だ。
宿泊費は素泊まり1,000円~。
車内での飲食は不可だが、近隣の店で食事し、
温泉施設で入浴すればいい。
鉄道マニアにはたまらないね。

公式サイト
あくねツーリングステーション

車内

 そして道の駅阿久根。東シナ海が目の前の
絶好地にある小ぢんまりとした道の駅だ。
物産館も小さくて狭いがしっかり地元産品を
網羅している。実は阿久根は物産品に
昔から力を入れているところなのだ。

道の駅阿久根

 中でも「おっ!」と目を引いたものがある。
まずは鹿児島名物魚のきびなごを、
これまた鹿児島福山の黒酢で炊いた
その名も「薩摩の黒酢炊き」1パック420円。
プレーン、山椒、ピリ辛の3種類ある。

黒酢きびなご

 そしてお次がこれ、何と黒にんにく!
全くの無添加で、ニンニクの自然発酵による黒色変化だとか。
お値段もなかなかのもので、300g3900円…。
なんでも1球650円もするらしい。
抗酸化作用に優れて、アンチエイジングにはいいかも。

黒にんにく

 最後にその黒ニンニクで作った黒ネーズ。
850円とやはりマヨネーズとしては高価だが、
黒ニンニクの甘みを生かした優しい味が人気だそうだ。
黒ニンニク、黒ネーズは鹿児島限定品。
だから余計そそられる。
黒豚、黒毛和牛、黒霧島、黒じょか、黒酢
黒ニンニク、黒ネーズ…。鹿児島はやっぱり「黒」だ!

黒ネーズ
2012-07-13(Fri)
 

道の駅童話の里くすからお知らせ

 大分県玖珠町の道の駅「童話の里くす」は
活力ある道の駅づくりを目指している。
「ふらっと」もそのお手伝いに参加。
何をしているかと言うと…

道の駅くす外観

 まず、レストランメニューの新作作りのお手伝い。
秋口に表れる夏バテ解消に酢を使ったメニューを出すことに。
ただ、出せばいいのではなく、メニュー候補を
イベント来場者に試食してもらい、投票で決めるのだ。
先日は、1次候補メニュー8品を二人の料理研究家と
フードライターが試作。4品に絞り込んだ。

試食会

 来る7月21・22日の「くすみち祭」で
披露&大試食会を開いて「夏バテ解消酢っきりメニュー」として
レストランで販売することに。
当日、試食できるのは各先着50名。
ちょっとしたミニイベントもあるので、ぜひご来場を!

レストラン店内

 そしてもう一つのお知らせは
「道の駅オリジナルブランド食品」のレシピ公募。
かなり長い要項だけど、最後まで読んでね。

九州沖縄道の駅初!
道の駅オリジナル食品大募集!

あなたのアイデアレシピが道の駅オリジナル食品になる!
商品化レシピには印税1年間差し上げます!

 テーマは「家庭の食卓に常備され、日常的に使われる食品」。毎日何気なく使える常備食で、しかもおいしいものを募集します。採用されたレシピ案は商品化され、同駅のレストランで使われるほか、県外などでのイベントでも販売する予定です。採用商品の販売実数に対し、商品価格の3%を1年間毎月お支払いします。
もしかすると、あなたのアイデアレシピが全国クラスのオリジナルブランドになるかも!さあ、ふるってご応募ください!

応募要綱
公募期間:
1次審査受付 平成24年6月1日(金)~10月14日(日)
2次(決勝大会)平成24年11月25日(日)14 時~ 
会場 道の駅 童話の里くす 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足2121
応募資格:年齢性別問を問いません。個人応募、グループ応募いずれも可能です。
公募部門:地元大分県応募部門・一般応募部門・学生応募部門
公募食品部門:「ドレッシング部門」「ソース・たれ部門」「ふりかけ・お茶漬け部門」「ジャム部門」「その他の部門」
応募方法:住所・電話番号・氏名・年齢・職業・公募部門・応募食品部門を明記の上、レポート用紙等に商品名・使用した材料名と経費・レシピ・アイデアポイントをご記入し、商品写真も添付してください。ご応募は郵送・メールにてお願い致します。
審査方法:応募いただいたレシピ案は新商品開発事務局で実際に試作し、試食を基に1次審査選考を実施。2次審査では同駅のイベント「くす道祭」来場者による試食・投票を行い、採用アイデアを決定。商品開発につなげます。
賞品:商品化されたアイデアに対し、印税方式(商品販売価格の3%×販売実績数×1年間)の賞金をお支払いします。
全受賞作品の著作権・所有権は主催者に帰属し、プリント展示、出版物、宣伝広告、インターネットなど各種ツールにて無償で使用させて頂きます。

主催 一般社団法人 くすみち 道の駅 童話の里くす
応募・お問い合わせ先:「ふらっと」編集室・道の駅 童話の里くす 
オリジナルブランド係(新商品開発事務局)
〒810-0021 福岡市中央区今泉2-1-28-801
TEL092-714-6540 FAX092-714-6552  e-mail  flat821@gmail.com

応募注意事項
※決勝進出の皆さまへは、平成24年10月20日(土)までにご連絡をさせて頂きます。
※決勝大会につきましては、参加の必要はございません。
※いずれの部門も常温保存ができるものに限ります。要冷蔵食品等は不可とします。
※作品の応募制限はありません。
※応募作品は自作で未発表のものに限ります。
※応募作品は返却出来ません。
※使用する食材は問いません。主催する道の駅にて材料を購入し、レシピ制作されても評価の対象とはなりません。
※2次審査対象者による「くす道祭イベント」への参加は必要ありません。また、2次審査の平等性・透明性を保つため、1次審査を通過した2次審査対象者による投票は無効とさせていただきます。
※募集各部門の商品化については、全ての部門が商品化されるとは限りません。審査基準に満たない部門に関しては、商品化を見送る場合があります。

物産館内

 あなたのレシピが道の駅のブランド商品として
売り出されるチャンス!
2012-06-18(Mon)
 

九州沖縄道の駅公式スタンプブック発売!

 九州沖縄の道の駅ファンの皆様、お待たせしました!

九州・沖縄「道の駅」連絡会発行の公式スタンプブックが
約1年半ぶりに発行された。今回は「ふらっと」編集室も
作成に参加し、表紙デザインを一新。
さらに一部道の駅にクーポン協賛をお願いし、
ちょっぴり魅力をプラスした。
1部250円で現在九州・沖縄の道の駅で販売中だ。
(一部道の駅では販売していない駅もあり。悪しからず…)
 もちろん、前回のスタンプブックと併用して使えるので、
「100駅達成賞」「九州の道の駅賞」「パーフェクト賞」を
狙ってほしい。九州・沖縄の道の駅マップ付きだよ。

公式スタンプブック

 そして4月28日(土)~5月31日(木)までは
恒例の「道の駅弁&うまいものフェア」を開催する。
道の駅オリジナルの駅弁あり、道の駅オリジナルの
スィーツや加工品などのうまいものありのフェアだ。
福岡の「うきは」「うすい」、佐賀の「山内」、
大分の「みえ」「くにみ」、宮崎の「高千穂」
そして鹿児島の「阿久根」では「道の駅弁」シール、
「うまいもの」シールが貼られた商品を買うと
抽選くじで賞品がもらえる!\(^o^)/
詳しくは九州・沖縄「道の駅」連絡会の公式サイトで!
九州・沖縄「道の駅連絡会

駅弁フェア
2012-04-26(Thu)
 
プロフィール

Haruno

Author:Haruno
フリーペーパーふらっと編集長 フリーライター
居住地:福岡県福岡市
出版社勤務を経てフリーライターに。気づけば20数年!
カメラマン、デザイナーと「いい仕事したいね」と
フリーペーパー「ふらっと」を創刊。
ベテランスタッフで頑張ります! 

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。