スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

山里のひいな(大分県天ケ瀬)

 九州は柳川の「さげもんめぐり」をはじめ、
各地で雛めぐりが行われている。大分県では
竹田市や日田市豆田町の雛めぐりが有名だ。
しかし、同じ大分県日田市でも天瀬町の古園地区は
ちょっとユニーク。「山里のひいなめぐり」と
名付けた雛めぐりは古園地区の農家らが始めたもの。
地域おこしグループの「げんきby古園」を結成し、
農村地帯の田んぼや路肩、民家の庭先などに
雛人形を「屋外展示」しているのだ。

山里ひいな1

 古い石段や石垣の隙間にも置かれ、
雛人形がひなたぼっこ。農家で大事に
使われてきた雛人形だけに、ひなたぼっこする
雛人形がどこかほのぼのとしている。

山里ひいな2

山里ひいな3

 期間は3月1日から25日まで。期間中は写真コンテストもあり、
アマチュア写真家も多く訪れている。
天ケ瀬温泉からも車でほんの2,3分。
温泉帰りに立ち寄ってもいい。

山里ひいな4

 そしてもう一つの魅力は農家のおばあちゃんたちが
「古園公民館」で開く「漬物カフェ」だ。
山里ひいなめぐりの期間中の土日に開催(3月3・4・10・11・17・18日)。
農家の熟練主婦が家庭で手作りした漬物を持ち寄り、
バイキング式で好みの漬物を食べさせてくれる。
料金は休憩料として200円。10時~15時。

漬物カフェ

 さて、その古園地区にある民宿「季の風」は
天ケ瀬グリーンツーリズムの拠点。「げんきby古園」の
中心的役割も担い、かつて養蚕のために
栽培された桑畑を活用た桑の実ジャム作りも行っている。
桑の実ジャム作りは毎年初夏に行われるが、
自家製桑の実ジャムは自然の甘みを生かし、
優しい味わい。問い合わせたところ、在庫もあるとか。
立ち寄り湯も可能なのでぜひ寄ってほしい。

桑の実ジャム


問い合わせ先
日田市観光協会天ケ瀬支部
☎0973-57-2166 
いやしの宿 季の風
☎0973-27-8458
スポンサーサイト
2012-02-27(Mon)
 

筑豊の道の駅B級グルメ

 「ふらっと」冬号で道の駅うすいのテナント店で
販売している黒ゴマと黒豆のタルトを紹介したところ、
そのインパクトから反響大!
では、同じく福岡筑豊地区の道の駅香春で見つけた
黒いB級グルメも紹介しよう。それがこれ↓

炭たこ

 フードコートに出店している「元祖炭たこ」の炭たこ。
たこ焼きの生地に竹炭を練りこんで真っ黒に仕上げている。
竹炭を練りこむとジャリジャリとした感触があり、
違和感があるが、これは全くなし。イカスミと勘違いしそうなほど
生地にすんなり溶け込んでいる。外はカリッと焼けて
中はトロリ、アツアツ。美味い!定番のソースマヨで6個入り300円。

炭たこ店舗

 若い店主がオリジナル開発したとか。同じく「石炭まんじゅう」も
竹炭入りの皮が黒光りする。中は白あん。

石炭まんじゅう

 そもそも筑豊は日本有数の産炭地。石炭が黒ダイヤと呼ばれたのも、
それだけ石炭がこの地に富をもたらしたからだ。
今は閉山し、産炭地の面影も徐々に薄れているが、
やっぱり黒ダイヤへの思いは深いたしい。
そして産炭地はスィーツ作りも盛んな地。なぜなら
その肉体労働を支えたのが「甘味」だから。
道の駅香春のスィーツも充実している。

道の駅香春

 そして「外戸本」で取材で田川限定グルメの「もやしそば」。
実は道の駅いとだと道の駅おおとうでも販売しているとか。
かつて田川駅前にあった「フッコー食堂」の名物だった。
子供の頃から親しんだ店主が「フッコー食堂」から直伝でレシピを習得。
細い蒸し麺はもっちもち、醤油でうっすら味付け、もやしと玉ねぎ、豚肉少々の具。
高校生らの小遣いで食べるにふさわしい。330円。
道の駅では持ち帰り用パックで販売しているそうだ。

もやしそば

道の駅香春
福岡県田川郡香春町大字鏡山1870-1
☎0947-32-8727
道の駅いとだ
福岡県田川郡糸田町162-4
☎0947-26-2115
「もやしそば己城(みき)
福岡県田川市本町8-41
☎0947(42)9697
2012-02-19(Sun)
 

道の駅うめ特選グルメ

 道の駅宇目は宮崎県との県境近く、国道326号沿いある。
祖母傾山山系の山々に囲まれ、駅の傍らには北山ダムに架かる
「唄げんか大橋」がある。かつて子守方向に出された少女たちが、
二組に分かれて互いを揶揄する攻撃的な子守唄を披露したという。
それが「宇目の唄げんか」であり、子守姿の少女像が道の駅の敷地内にも立つ。

道の駅うめ

 山里の宇目の特産物は椎茸と九州一の収穫量を誇る栗、そしてブルーベリーだ。
だが、最も山里らしい食と言えば猪肉と鹿肉。
道の駅の「レストランうめりあ」ではそれらを使った料理で観光客を驚かせ、喜ばせる。

レストランうめりあ

ししラーメン

 例えば写真の「ししラーメン」(800円)。
豚肉チャーシューの代わりにスライスした焼き猪肉が載る。
スープはみそ味。みそは名古屋の赤みそと九州の白みそ2種のブレンドだとか。
濃厚でコクの深いスープにちゃんぽん麺のような太麺が絡み、
やや大振りの猪肉が程よい歯ごたえで存在感を示す。
しかもモヤシやネギもたっぷり。とかく、猪肉というと
「獣臭い」というイメージが付きまとう。しかし宇目の猪は栗、
どんぐりなど木の実を食べているため、肉の匂いが薄いとか。
硬さもコリコリとした中に弾力感を与える程度。文句なしに美味いのだ。

しし焼肉

 上は「猪肉の鉄板焼」(1300円)。「しし肉角煮丼」(1000円)、
さらには「しし炒飯」(850円)と、豚肉に代わる地位を占めている。
冬は「しし鍋定食(味噌仕立て)」(1300円)、
「ししすき鍋定食」(1300円)もいい。

鹿肉ステーキ

 さらに鹿肉。鹿肉は脂身が少なく、ローカロリーでヘルシーな食肉だが、
やはり一般にはなじみがない。しかし、山深い地域では昔から大切な
タンパク源の一つだった。同レストランでは「しか肉のカットステーキ」(1300円)、
「鹿カツカレー」(1200円)とその定食(1200円)などを出す。
鹿肉は調理後、冷めてしまうと身が硬くなるという。しかし、このレストランでは
冷めても硬くならない肉の処理を施す。実際、柔らかくクセがない。
脂身が少ない肉でありながらパサつきもない。
黙って出せば鹿肉とは気づかないだろう。先入観より実食である。

宇目キャンプ場キャビン

 さて、道の駅に隣接して「ととろの森 うめキャンプ村」がある。
ちなみに「ととろの森」とは近隣の地名「土々呂」から。
貸別荘感覚のケビンもあるが、オートキャンプサイトもあり、
冬期は1区画2000円~。AC電源、炊事場、水洗トイレ、温水シャワー等が備わる。
さらに石釜焼きピザを作ることも可能。

宇目キャンプ場ドッグラン

また、ドッグランが新設され、ペット連れ利用客にも人気だ。
食材は当然、隣の物産所で調達できる。
 キャンピング、食事、物産・土産購入が一通り楽しめる道の駅宇目。
もう一つの隠れたお楽しみ、それは野生鹿、猪、タヌキ、イタチ、
ウサギなど山の動物との遭遇。
アニマルウォッチングもぜひ楽しんでほしい。


道の駅宇目
大分県佐伯市宇目大字南田原2513-5
レストハウスうめりあ ☎0972-54-3090
宇目農林産物直売所 ☎0972-54-3680
ととろの森 宇目キャンプ村 ☎0972-54-3088
2012-02-05(Sun)
 
プロフィール

Haruno

Author:Haruno
フリーペーパーふらっと編集長 フリーライター
居住地:福岡県福岡市
出版社勤務を経てフリーライターに。気づけば20数年!
カメラマン、デザイナーと「いい仕事したいね」と
フリーペーパー「ふらっと」を創刊。
ベテランスタッフで頑張ります! 

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。