スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

道の駅原鶴と鵜飼

 あー、相変わらず忙しくてブログ更新ができない…。
2,3日前は福岡県秋月・原鶴・小石原の観光ガイドブックの
取材で原鶴温泉へ。道の駅原鶴は昨年も足を運んでいるが、
半年ぶりに来たら…外観が変わっている!
正確には正面玄関側の駐車場が屋根つきになり、
その屋根が外観撮影の障害物になっているのだ。
「ふらっと」のデータ用にカメラマンが
撮影したのに…。また撮影しなければ…。
で、取材ついでに館内を撮影。

道の駅原鶴

 この地域は耳納連山を控え、周辺には果樹園などが
多く点在するフルーツの里。富有柿をはじめ、いちご、
梨、巨峰ぶどうが自慢だ。そのため、道の駅原鶴の
プライベートブランド商品はフルーツドレッシング。
巨峰ドレッシング、新高梨ドレッシング、富有柿ドレッシング、
そしてイチジクドレッシングの4種類。
果実の甘みと香りなどが楽しめるのだろうな…。
今度、買ってみますか。

IMG_3200.jpg

 さて、取材のメインは原鶴温泉。原鶴温泉そのものを
取材するのはホント、久しぶり。最近では
かなり温泉旅館が減っていると耳にしていたが、
数年前まで25軒あった旅館ホテルが現在16軒ほど。
リーマンショック、3.11などで相次いで倒産、廃業したという。
そんな原鶴温泉だが、湯は良質の美人湯。
何とか元気を取り戻してくれないかな。

 原鶴温泉と言えば鵜飼が風物。歴史は1300年にもなる。
原鶴の鵜飼は「ショー」ではなくれっきとした「漁」だ。
鵜による鮎漁で得た鮎は契約宿に納品する。

鵜飼1

 取材に応じてくれたのは若い兄弟の鵜匠。
原鶴の鵜匠は世襲制で現在3家6人が営んでいる。
彼らは臼井家の鵜匠。一艘の鵜飼船に
5~8羽の鵜を連れてくるという。
「鵜もそれぞれ性格が違うんですよ。
こいつは気が強くて、こっちはおとなしくて優しい」
などと語る若い鵜匠。本当に鵜を可愛がっている。
こういう伝統漁を残すためにも温泉街も賑わってほしい。
 因みに鮎漁解禁は例年通り5月20日。
当日は花火大会も催される。温泉と花火と鵜飼船。
ぜひ、楽しんでほしい。
鵜飼2
スポンサーサイト
2012-05-18(Fri)
 
プロフィール

Haruno

Author:Haruno
フリーペーパーふらっと編集長 フリーライター
居住地:福岡県福岡市
出版社勤務を経てフリーライターに。気づけば20数年!
カメラマン、デザイナーと「いい仕事したいね」と
フリーペーパー「ふらっと」を創刊。
ベテランスタッフで頑張ります! 

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。