スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

思えば1年前

 ヤフードームでのキャンピングカーショーで
「ふらっと」秋号を先行配布。そして来週には
レギュラー配布の作業にとりかかる。
春に創刊号を出して3号目。出版界では
3号出して廃刊に追い込まれる雑誌を俗に「3号雑誌」と呼ぶ。
では、「ふらっと」はどうなるか…。

 思えば1年前、道の駅の有料媒体を作ろうと
ある旅行雑誌社に持ちかけたが、
「道の駅は雑誌で特集を組んでも第二特集程度。
道の駅だけを集めた別冊を作る価値に疑問がある」と言われた。
道の駅・産直所をテーマにした媒体は必要性があるはず。
できればそこに地域の旅行情報を添えて発信したい。
負けん気で一人で420人からアンケートを集め、
浅慮で自費出版の形で「ふらっと」創刊準備号↓を
出してしまった。それが去年の10月10日。
仲間内で趣味的に出せばいいやの浅はかな考え。

 好評だったのは良かったとして
続けて出すにはやはり経費もバカにならない。
個人の金なんてすぐになくなった。汗…。
それでも納得のできるものを作りたい、
いいものを作りたい…。紙媒体だってまだまだ
ニーズはある。ネットだけが情報の媒体ではない。
そんな意地で創刊号、夏号、そして秋号。
そう、つまり「ふらっと」はすでに4号だ。
道は厳しいけど、ここが踏ん張りどころ!

創刊準備号表紙
これが昨年出した「ふらっと」創刊準備号の表紙
スポンサーサイト
2011-10-01(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Haruno

Author:Haruno
フリーペーパーふらっと編集長 フリーライター
居住地:福岡県福岡市
出版社勤務を経てフリーライターに。気づけば20数年!
カメラマン、デザイナーと「いい仕事したいね」と
フリーペーパー「ふらっと」を創刊。
ベテランスタッフで頑張ります! 

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。