スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

道の駅大和と干し柿作り

 秋もだいぶ深まってきた。そろそろ佐賀市大和町の松梅地区では
柿の収穫と干し柿作りが盛んになる頃だ。というのもこの地区は
昔から柿の生産と和紙で農閑期の収入を得てきたのだ。
道の駅大和そよかぜ館は地区の活性化を目的に作られた物産館。
小野善隆駅長自身、幼い頃から家族総出で柿の皮をむいたという。
館内では地元産の柿を使った羊かん、アイスクリームなども売っている。

道の駅大和

 その道の駅大和と社団法人佐賀観光協会の松梅地区等活性化推進協議会が
毎年行っている催しが「干し柿作り体験」だ。道の駅大和を運営する農事法人、
地元PTAやJA、観光協会などが総出で参加者に干し柿作りを指導する。

干し柿体験1

 今年は11月20日(日)9時半受付・10時開会式で行われる。
会場を松梅小中学校の体育館にし、雨天でも体験が可能に。
軍手は必須で服装も汚れてもいいものを着用のこと。使い慣れたピーラー、包丁の
持参はOKだ。約5000個の丸柿の皮を剝き、ヘタにこよりを通して柿をつないでいく。
つないだ柿は干し柿小屋に吊るす。
こうして照り柿色の玉すだれのような干し柿の連なりができる。

干し柿体験2

 半日がかりの体験だが、お昼には地元の女性グループによる昼食が
用意されている。もちろん、松梅地区や周辺の産物を使った郷土料理。
素朴でも滋養に富んだ料理を楽しんでほしい。
「家族連れや友人グループ5人1組での参加が条件。親子で語らいながら
干し柿作りを体験してほしいから」と小野駅長は言う。
1か月もすると山の北風によって甘みが凝縮され、照り柿色の干し柿が完成!
できた干し柿は道の駅大和で受け取れる。(宅配も可能)
参加料は1グループ4,000円(5名以内)※昼食代込み・1グループにつき
干柿1縄分(柿の数は約30~40個)込み

干し柿体験3

問い合わせ
社団法人佐賀観光協会・松梅地区等活性化推進協議会
☎0952-20-2200
または
道の駅大和そよかぜ館
☎0952-64-2296

スポンサーサイト
2011-10-26(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Haruno

Author:Haruno
フリーペーパーふらっと編集長 フリーライター
居住地:福岡県福岡市
出版社勤務を経てフリーライターに。気づけば20数年!
カメラマン、デザイナーと「いい仕事したいね」と
フリーペーパー「ふらっと」を創刊。
ベテランスタッフで頑張ります! 

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。